土地有効活用コンサルティング

個人施工区画整理について

個人施工区画整理をご存知ですか?

個人施工区画整理を利用することによるメリット
  • ◎ 組合施工や自治体施工に比べて協議機関が無いため全体の期間が短い
  • ◎ 事業資金の捻出をしながら行える
  • ◎ 生産緑地を動かせる→換地にて移動できる
  • ◎ 自治体・組合に頼らず施工可能
  • ※ 生産緑地の固定資産税は宅地の1/200程度。節税メリットは大きい。

■個人・共同施工による区画整理の目的

  • 生産緑地を売却可能な土地に転換 → 旧生産緑地は資金化が可能になる
  • 土地利用の再配置による相続対策 → 相続を見据えた効率的土地活用
  • 全土地資産活性化目的の道路整備 → 全宅地を建築可能にする道路

■個人・共同施行による土地区画整理のポイント

  • 土地区画整理事業の選択と課題の解決 → 生産緑地再生を受益者負担で行う
  • 実質一人施行で期間短縮が可能に → 利害調整が不要で時間を短縮できる
  • 補助金依存を減らし更に期間短縮 → 官財政悪化には受益者負担で
  • 費用は創出資金と相続対策効果で → 創出金やメリットで費用捻出

■施行者の制限

  • 個人★規準及び事業計画。市町村長経由で都道府県知事の許可
  • 共同
  • 土地区画整理組合7人以上
  • 区画整理会社
  • 都道府県及び市町村
  • 国土交通大臣
  • 独立行政法人(都市再生機構等)

アンバーパートナーズでは計画から測量、登記までを社内で一括作業する為、スムーズな手続きを行えます。

区画整理の流れ

区画整理の流れ(図)