売買事前調査

土地売買契約を結ぶ際の境界確定を目的とした調査を行います。
土地の売買を行う際に、あらかじめ実際の土地面積や境界を確認することによって、売買契約後の境界トラブル等を事前に防ぐことができます。

境界等「事前簡易調査」業務フロー

「事前簡易調査」業務フロー(図)

「筆界確認書」と「確定測量図」

もし、隣接地との境界が不明な場合、改めて境界を確認し記録する必要があり、この作業を「確定測量」といいます。
確定測量の際には立会確認の上、各隣地と「筆界確認書」と「確定測量図」を取り交わします。敷地境界の明確化と敷地面積を確定する作業になります。
契約を円滑に行うために必要な作業を行います。

「実測売買」と「公簿売買」

売買には「実測売買」と「公簿売買」とがあります。
一般的な宅地には「実測売買」が好ましく、「公簿売買」は山林など売買のために測量をするにはそぐわない場合や、面積の誤差による価格の変動が少ない場合、隣地に対し問題がない場合に用いられます。