相続について

人が亡くなったときに、その人の配偶者や子など親族が遺産を受け継ぐことを「相続」といいます。みなさん何かしら対応・対策しなければと思いながらも先送りにしているのが相続対策ではないでしょうか。

なぜなら相続対策というと「一部の資産家だけの話」「死に纏わる話」といったイメージをお持ちの方が多いようです。しかしながら、相続は誰にでも等しく訪れることであり、昨今は相続税を納める必要のない方でも争いになることが多いのが現状です。親族が争いあうほど悲しいことはありません。

私達はお金や不動産だけではなく皆様とご家族の幸せを第一に考えたコンサルティングを致します。その上で「納税資金対策」や「節税対策」を考えます。

相続が爽族となりますように。

相続財産には何があるの?
相続税の対象となる財産には、目に見える現金や不動産だけでなく、権利なども含まれます。
種類や課税対象品目の確認などがご覧になれます。
相続人は誰になるの?
相続人の範囲と相続順位については民法によって規定されています。



遺言は作った方が良いの?
遺言とは、故人の意思として尊重され、その意思を実現させる為に制度化されたものです。


相続の承認と放棄
民法では、残された遺族に遺産の一定割合での取得(遺留分)を保証し、それを請求できる制度が規定されています。

相続手続きフローチャート
相続手続き全体の流れを、フローチャート化して把握しておきましょう。



相続対策は大丈夫?
相続税に限っては、金銭で納付することが困難な理由がある場合には、一定の相続財産で納付する「物納」が認められています。